企業情報

ごあいさつ

「動物を守り、人を支える」を目指して

代表取締役社長 猪狩 康孝

京都微研は動物用ワクチン専業メーカーとして1948年に創業し、研究開発から製造販売、アフターフォローまでを一貫して行うメーカーとして、動物を守り人を支える方針のもとにワクチン及び診断薬の製造販売一筋に取り組み、動物の予防衛生に寄与してまいりました。2020年1月1日からは当社およびフジタ製薬の営業機能を統合したささえあ製薬が発足することになり、当社はささえあ製薬を介してユーザー様に安定的に製品を供給する企業としての責任を果たして参ります。

現在、私たち動物用医薬品業界を取り巻く環境は、畜産農家の高齢化による経営離脱やペットの飼育数の減少等、大きく変化しつつあります。その一方で畜産経営規模の拡大や海外とのボーダーレス化が進行しており感染症発生リスクの増大が懸念されるため、総合的な予防衛生対策は、今後、ますます重要な課題になると考えられます。私たちは、皆様に必要とされ喜ばれる新製品を創出し、安定的に供給することにより予防衛生対策の一翼を担うメーカーとして引き続き皆様のお役に立てるよう、課題の解決に取り組んでまいります。

動物がもたらす恩恵に感謝しすべての人々の安心と喜びを支えるというささえあグループの理念の下、動物と人が奏でる暮らしに貢献することに全力を尽くし、日々、精進してまいります。

代表取締役社長 猪狩 康孝